I pray for further development and world peace.
アダルトDVD 通信販売 専門店 adultmedia(アダルトメディア)
わたしが出ている作品を見つけ出しましょう。

何十年もクラシック音楽を聴いてこられたオールドファンにとってオイストラフはやはり特別な思い入れがあるヴァイオリニスト。

豊潤さ、深淵さが加わり演奏家としての絶頂期

誰もが一度はダヴィッド・オイストラフの演奏に魅了される。緩急強弱の表現すべてが万全で、安定感があり、艶やかで美しい音色でも、鬼気迫る切れ味鋭い音色でも、翳りのあるメランコリーな音色でも、人をひきつける。どんなに一流と呼ばれる人でも、作品やその中にあるフレーズとの相性の良し悪しが出ることがしばしばあるが、オイストラフにかかると、そういうことはほとんど起こらない。ヴァイオリニストの王と讃える人が多いのも当然である。
 20世紀を代表する巨匠ヴァイオリニスト、ダヴィッド・オイストラフ(David Fyodorovich Oistrakh)。1908年ウクライナ、オデッサに生まれオイストラフはソ連を代表するヴァイオリニストとして君臨しました。第2次大戦終了後西側での活動が本格的に始まると20世紀を代表する巨匠としての評価を確立しました。英EMIにはメジャー・レーベルとして最も多くの録音を残し、得意のレパートリーは、いずれも名演のほまれ高い演奏です。1950年代後半から60年代前半のオイストラフ絶頂期の録音。

熟成された濃密な男盛りを味わう。

通販レコードのご案内GB COLUMBIA SAX2264 オイストラフ&フルニエ ブラームス:二重協奏曲、悲劇的序曲

1950年代後半のオイストラフの巧さ・重厚さは、ことさら声を大にして言うことでもありませんが、驚異的なドライヴを展開しています。テンポも速からず、ゆったりと歌い上げる。多少速め弾いてる曲でも、なぜかゆったりしてる。それ故か、彼の語り方一つ一つに感動させられ、飽きる事なく繰り返し針を落とすと毎度必ず最後まで聴いてしまう。おそらく、そこには彼独特の線の太さも貢献してると思う。何れにしていも豊満な美音で悠然と歌う、しかし時には威嚇するとでも表現した方が相応しいフレーズも散見されるオイストラフの真骨頂が発揮された一枚であることは間違いない。
  • ステレオ初期のブラームス・ダブルコンチェルトの決定盤。全盛期オイストラフの圧倒的な技量と推進力、それに一歩も引けを取らないフルニエの緊張感あふれる掛け合いは、永遠の名盤と呼ばれるにふさわしい。独奏者がお互いに共演者の長所を引き出しあって、ヴァイオリンとチェロのための《二重協奏曲》は極上という感じ。
  • GB COL SAX2264 オイストラフ&フルニエ ブラームス:二重協奏曲、悲劇的序曲
これは、オイストラフの至芸を愛でる者にとっては格別のレコードです。オイストラフのがっちりした構成力とフルニエの格調高い音色、優雅さが素晴らしい。フルニエも対等に対峙して一歩も引いていません。一聴すると全盛期の彼の芸風は、より感情の起伏を織り込んでいるようで、かなり感情的な演奏になっています。ガリエラとここではレッグ管弦楽団ことフィルハーモニア管弦楽団のバック、録音会場も録音条件は障害が多くても、ひとつひとつクリアしてでも成し遂げたいとエンジニア魂を燃え上がらせる音響効果抜群のキングズウェイ・ホールとあっては、もう何も云うことなし。この録音を大変気に入っていたオイストラフは亡くなる日にも聴いていたとか。
オイストラフは録音を多く遺しているが戦争や冷戦があったために、凄まじい技術を誇っていた若い頃、思うように活動できなかったことが惜しまれる。オイストラフは1908年9月30日にオデッサに生まれ、ナタン・ミルシテインの先生でもあったピョートル・ストリヤルスキーに師事。音楽学校ではヴィオラとヴァイオリンの両方を学んだ。1924年に最初のリサイタルを開催。1935年に出場したヴィエニャフスキ・コンクールでは2位 ― この時の1位は、7月の鑑賞会で聴いていただいた、ジネット・ヌヴー ― に終わったが、1937年のイザイ・コンクールではリカルド・オドノポソフと優勝を争い、一位を獲得、これにより第一級の演奏家と認められた。戦後は西側でも活動できるようになり、各国で大成功を収め、その演奏のみならず人柄も愛されたという。かつてはフリッツ・クライスラーも、オイストラフはすべてのヴァイオリニストの中で、最も大切なものを持っている。彼が緩やかに演奏することだと評価していた。1950年代に録音されたチャイコフスキー、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲の演奏は作品の核へ向かう切り込み方も、のびやかな美音の歌わせ方も自然かつ適切なフレージングも理想的だ。
 この1950年代の録音は、それまでのヴァイオリンの響きに豊潤さ、深淵さが加わり演奏家としての絶頂期を記録したものと言えるだろう。ソ連ないし東側の音楽家と組むときは、たいてい遠慮なく自分の音を出している。一方、西側で行われた録音は豊麗な音色や安定感のあるフレージングが際立っているものが少なくない。そんな美しい調和の成功例が、オットー・クレンペラーやジョージ・セルの指揮でソリストを務めたブラームスの録音だ。スケールが大きく、知と情のバランスがとれており技術面でも不足がない。そして、この演奏が絶賛されたことにより情熱を迸らせながらも基本的には穏健というオイストラフのイメージが確立された。

パリ、シャン・デュ・モンド(Le Chant du Monde)でステレオ録音された永遠の名盤

通販レコードのご案内FR CDM LDX-A-8303 オイストラフ ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ6番/7番

数あるベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全集の中でも、ヴァイオリン演奏の際立った魅力という点でいまだにトップ・レヴェルにある優れた演奏。各国のレコード賞を数多く受賞したことでも知られる名盤中の名盤です。
  • FR CDM LDX-A-8303 オイストラフ ベートーヴェン:ヴ…
  • 1962年のベートーヴェン・ソナタ全集録音からの1枚。オイストラフの完璧なテクニックは、激しい部分でも叙情的な部分でも常に高度な完成度を示しており、その気品ある美しい歌い回しと、独特の幅広い美音がもたらす音楽の圧倒的なヴォリューム感は、まさに「大家の風格」という形容のふさわしいものです。

作品にふさわしい楽想・うまくブレンドする楽音

通販レコードのご案内FR Le Chant du Monde LDA-8077 オイストラフ&オボーリン ベートーヴェン・ヴァイオリンソナタ9番「クロイツェル」

ピアノのレフ・オボーリン(Lev Nikolaevic Oborin,1907-1974)は、アシュケナージの師としても知られるロシアのピアニストで、オイストラフとの共演は数多く、ここでもオイストラフの豊麗なヴァイオリン演奏のスタイルを極力生かすべく、端正な伴奏を聴かせてくれています。左チャンネルにヴァイオリン、右チャンネルにピアノが明瞭な音像を結ぶ録音。特筆すべきはオボーリンのピアノ。第一回ショパンコンクール優勝者の名に恥じない寸分の隙も見せない驚くべき名演。伴奏ピアニストとの水準の違いを見せつける。全曲通じてオボーリンが主導権を握っているように、オイストラフもピアノに息をぴたりと合わせている。もっとも「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ」。ここでのオイストラフは、決して細かなニュアンスとか多彩な音色を縦横させるような演奏ではなく、作品を巨視的な視点から堅牢に作り上げることを狙いとしている。楽想の良さとうまくブレンドした演奏。
  • オールドファンが求めたくなる「大作曲家の偉大な作品」というイメージに合致した、こうしたアプローチで作品に触れると、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタは、愛称のある有名な『クロイツェル・ソナタ』や『春』だけでなく、10曲すべてが魅力的な傑作であることを改めて痛感させられます。
  • FR Le Chant du Monde LDA-8077 オイスト…
 緊張感が全曲にわたり、最初から最後まで弛緩することなく継続しているのですから少し聴いていて疲れた場合もありましたが、それが聴き終えたあとには何とも言い難い心地よさに転じているのを感じるのです。

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。「クレジットカード決済」「銀行振込」「代金引換」に対応しております。

レコードサウンド/カテゴリ指定

通販レコードの購入にあたって・確認とお問い合わせは

プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」
初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」

何十年もクラシック音楽を聴いてこられたオールドファンにとってオイストラフはやはり特別な思い入れがあるヴァイオリニスト。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。