応援職員の新型コロナウイルス感染で検査  382人全員陰性でした ― 記事「人吉市と多良木町の避難者ら226人は陰性 新型コロナウイルス感染対策で外出自粛中 7月14日」が総合記事ランキング27位になりました

熊本県は7月15日、豪雨対応の応援で派遣された高松市の30歳代男性保健師の新型コロナウイルス感染を受けた被災者らのPCR検査で、新たに156人の陰性を確認したと発表した。検体を採取した382人全員が陰性となった。

記事「豪雨災害の応援のため人吉市・多良木町に派遣された高松市職員が新型コロナウイルスに感染していた 7月13日」が総合記事ランキング16位になりました